製造方法

ワインのオススメの飲み方

お酒好きの方であれば一度は試した事が有るワインですが、その飲み方は人それぞれで様々な飲み方が存在します。
もちろん種類によっても飲み方の違いが出てくるのですが、実際にどのような飲み方が一番理想なのでしょうか。
今回は、初心者であっても味や質を損なわずに堪能できるオススメの飲み方をご紹介していきます。

まず、ワインの種類によって飲む為のグラスを変えていく必要があるのですが、こうすることによって状態や質を下げずに楽しむ事が出来るのです。
一般的には赤には香りを楽しむ為の大きめのグラスを使用し、白には少し小ぶりの物を使用します。
そしてスパークリングには、泡立ちにくくする為にもシャンパングラスと呼ばれているフルートを使用しましょう。
これらの事によってワインが持っている特質や状態を保ちながら堪能できるのです。

そして、実際にコルクを開けてからどうすれば良いのか、と言いますと、まずはワインを空気に触れさせる必要があるかどうかを確かめる必要が有ります。
比較的軽く飲めるワインであったり熟成が進んでいるものであれば直ぐに飲み始めて良いのですが、味が濃かったり熟成が不十分のワインであれば数十分から数時間程度放置する必要が有ります。
もちろん空気に触れた度合いによって味が変わってきますので、その変化を堪能しながら飲み進めていく事もオススメでしょう。

もしも、その日の内に飲みきれない場合であれば、保存をしておいても良いのですがその場合は冷蔵庫など温度の低い場所に管理しておきましょう。
もちろん赤ワインや白ワインであれば料理の隠し味や風味付けに利用できますので、余ったワインでそのような使い方をしても良いのではないでしょうか。

これらの事から、オススメの飲み方とは、まずグラスをワインに合った状態の物を選択する必要があり、その上でコルクを開けて飲み進めていく事が良いのです。
もちろん状態によっては空気に触れされた方が良い場合も有るので、その時には数十分以上放置してから味の変化を堪能していきましょう。

Copyright(C) 2013 魅力あるお酒で健康的な生活 All Rights Reserved.