製造方法

赤ワインと白ワインの違い

お酒が好きな方であれば絶対に試したくなるのがワインですが、そのワインにも細かく分ければ様々な種類に分類する事ができます。
もちろんそのものの価値を決める年代に関しても細分化する事が出来ますし、使用している原材料に関しても同様の事が言えます。
では、良く耳にする赤ワインと白ワインと言う物が有りますが、それらの違いとは具体的に何が違うのでしょうか。
種類を知っていく上でも、この赤と白の違いを知らずして語ることは出来ないのです。

まず、赤と白の大きな違いは造られる品種が異なっているのです。
赤ワインには黒葡萄を原材料として造り、白ワインには白葡萄を原材料にしています。
その事から、完成した時の色の違いとは一目瞭然なのです。
ちなみに赤で使われている黒葡萄の場合は、皮や種の付いたまま果汁を搾り、白で使われている白葡萄の場合は、黒葡萄とは逆で皮や種を除いた状態で果汁を搾ります。
なので、赤ワインが赤い理由とは必然的に皮と種の色味が白葡萄と違う為なのです。

更に、赤と白は味の違いも明確になっています。
赤ワインの場合は先ほども言ったように皮と種が付いたままの状態で搾られていますので、苦味や渋みが強くなっています。
もちろんその事から、白ワインに比べて味が濃厚に仕上がっているでしょう。
反対に白ワインには苦味や渋みの有る皮や種が含まれていないことから、フルーティな香りが強く、甘くて飲みやすい仕上がりになっているのです。

赤と白には、造られ方が異なる事から苦味や渋みが大きく変わってくるのです。
種類を全て説明するのであれば、赤や白の他にも様々有るので一概に言う事は出来ません。
しかし、原材料として黒葡萄を使用するか白葡萄を使用するか、によっても区別する事が可能であり、皮や種の有無によっても違いが生まれてきます。
なので、違いをわかりやすく簡単に言うのであれば、赤は苦味や渋みの有る濃い味、白は甘くフルーティな味となってくるのです。


Copyright(C) 2013 魅力あるお酒で健康的な生活 All Rights Reserved.