製造方法

ワインの保存方法

毎日お酒を飲んでいる方も珍しくは無いのですが、そのような方であってもお酒の正しい保存方法を把握している方は少なく有りません。
もちろん保存の仕方によってはお酒の質を下げてしまったり臭いや香りにも影響してきます。
特にお酒の中でもワインの管理の仕方に頭を悩ませている方は少なく無いのですが、正しい管理が出来ていないと本来のワインの味を堪能する事ができません。
なので、正確なワインの保存方法についてご紹介していきます。

まず、理想を言うのであれば、ワインの保存とは10℃〜15℃あたりの所で一定にしておく事が最もベスト
である、と言われていますが、そのような温度を年中管理しておく事は不可能です。
自宅にワイン専用の管理場所があれば良いのですが、そのような機材を購入するだけでも予算が掛かってしまいます。
なので、基本的な事から気軽に出来る保存方法をお話します。

第一歩として、ワインが自宅に到着した段階で直ぐに取り出さないように気をつけておきましょう。
クール便で届いたワインであっても数時間はその状態で放置しておき、決して横にしてしまわないように意識しましょう。
その事によって自宅の温度と急激な変化を防ぐ事が出来、液漏れを防ぐ事にもつながるのです。
なので、これらの事から細心の注意を払って管理していきましょう。

そして夏場であれば、新聞紙を数枚巻いて押入れなどの低温場所で保存するのが理想ではないでしょうか。
冬になればその反対で冷えすぎない場所で保存するのが良く、10℃〜15℃の温度に出来るだけ近い所に置いておきましょう。
これらの事でワインの質を下げる事を防止し、常に購入した当時の状態を保つ事ができるのです。

ワインの保存方法には、まず部屋の温度を意識する事が最優先です。
家に届いた状態から部屋の温度と急激な変化を与える事は避け、出来るだけ10℃〜15℃の適温で、一定の状態にしたまま保存するように心がける必要があるのです。


Copyright(C) 2013 魅力あるお酒で健康的な生活 All Rights Reserved.