製造方法

ワインと果実酒の関係

日本でもお酒の種類は多く存在しますが、それらの作りや原材料を全て把握している方は多くいません。
むしろお酒を度数や味の好みで決めている方も少なく無く、その事からお酒の種類を味や度数によって分類している方がほとんどなのです。
実際にお酒の中でも高級感が有って大人向けの種類に入るワインが存在しますが、それでさえ厳密に作りや原材料を把握している人は中々居ないのです。

もともとワインとは、葡萄が原材料となっている事が一般的となっていますが、これは日本ならではの考え方なのです。
外国で言えば、葡萄以外の原材料であってもワインの種類に属する事は多くあり、その事からワインには幅広い種類の原材料が考えられているのです。
葡萄以外であればリンゴや杏、サンザシ等と様々な原材料が考えられるのですが、それらを使ってお酒を造れば必然的に果実酒になるのでは無いか、という声が出てきますが、実はワインと果実酒には密接な関係が有るのです。

結論から言えば、ワインとは果実酒の中の一種と考えられます。
日本では葡萄を、外国ではその他多くの原材料が考えられる事からワインには、果実酒の中の一類に属している事になります。
ただ、ワインの場合は果汁を発酵させて作ったものであり、果実酒の場合にはアルコールの中に果実を漬け込んだものなので、その事から製法に少しばかり違いが生じています。
なので、果実酒の一種で有る事は確かなのですが、製法に少しばかり違いが生じている、と言う解釈が一番ベストでしょう。

これらの事からワインと果実酒には深い関係が有る事が分かりますが、製法は違えど同類に属している事が理解できます。
先ほども述べたように日本では葡萄が原材料として考えられている事が一般的ですが、外国ではその慣習は有りません。
その事から様々な原材料をワインの原材料と考える事が当然なのですが、その事からも果実酒の一種に属しているのです。
具体的に果実酒の違いを挙げるのであれば、それは製法の仕方くらいでは無いでしょうか。

Copyright(C) 2013 魅力あるお酒で健康的な生活 All Rights Reserved.