製造方法

ワインとブランデーの関係

お酒の中でも、年代や品質によって価格が大きく変わってくるワインが有りますが、これを他のお酒の違いを説明する事は安易では有りません。
ワインとはもともと葡萄を原材料として造っているお酒の総称を言うのですが、それは果実酒の一種に属します。
製造の仕方として、発酵させて長時間酸化させた物をこう呼ぶようになったのですが、その事からあるお酒と製造過程が似ている事で注目を浴びているのです。
ワインが長時間酸化させて作ることに対し、酸素を関与せずに酸化反応を期待するお酒と言うのがブランデーなのです。

簡単に説明するのであれば、ワインは発酵と言う作用を求めてブランデーは熟成と言う作用を期待しています。
どちらも原材料は葡萄を使用して造っているのですが、その製造過程は多少異なるのです。
その事からこれらのお酒には、味の深みや濃度等にも変化が出てきます。

もともとワインには、酸素が関与している所で酸化反応を作って発酵させていくのですが、その発酵されたものを更に熟成・蒸留と言う段階を重ねる事によってブランデーが作られるのです。
なので、その事からこれらには製造の過程に似たような共通点を見つける事が出来るのですが、実際には放置する時間や味の濃さを考えていけば結果的に全く違うお酒に仕上がるのです。

なので、簡潔にまとめるのであればワインはブランデーの製造過程で通過する発酵の段階で仕上げたものであり、ブランデーとはワインの発酵を超えて更に熟成にまで至ったお酒である、と言えるのです。
果実酒がワインの一種であるように、お酒の種類とは案外共通点が多く含まれており、それらを理解していけば更にお酒を楽しむ事が出来るのではないでしょうか。

この事から、ブランデーの関係とは、ブランデーの製造過程に在する物がワインであり、ワインの通過点を越えた物がブランデーであると言えます。
発酵・熟成と言う段階を求めてお酒を製造していく2つの種類には非常に密接な関係性が存在するのです。


Copyright(C) 2013 魅力あるお酒で健康的な生活 All Rights Reserved.