製造方法

ワインとポリフェノール

現代では重度な病気として知られていても、未だ解決策が見つかっていない物は多く存在します。

中でもガンに関してはその代表的な物であり、若者から高齢者まで幅広い患者が居るのもまた事実なのです。
ガンに苦しんでいる患者の為に様々な治療法や改善法が発見されていますが、実はその改善法の1つとしてワインを摂取する事が挙げられているのです。
ワインの中に含まれているポリフェノールと言う成分が関係しているのですが、その事からワインにはポリフェノールと言う成分が欠かせなくなっています。

もともと葡萄を原料として発酵されたのがワインの製造過程であると言われていますが、そのワインには食品で摂取する成分も多く含まれています。
もちろんポリフェノールもその1つとして挙げられているのですが、その他にもミネラルやビタミン等、人間の体に必要不可欠な成分が入っているのです。
しかも、これらの成分が食品よる摂取よりも吸収量が多いので、ポリフェノールを摂取する際には食品に比べてワインでの摂取の方が好まれているのです。

具体的にワインに含まれているポリフェノールとは、ガン予防のみならず動脈硬化等にも効果があると言われています。
ガンと言う病気には酸化した酵素がDNAを痛めつける事によって発症します。
動脈硬化も同様で活性酵素が血液中のコレステロールと結合する事によって血管が膨れ上がってしまいます。
これらの原因となっている酵素と結びつく事が出来るのがポリフェノールであり、原因の発症となる悪玉酵素を消滅させる事によって病気の改善に務まるのです。

これらの事から、ワインにポリフェノールと言う成分は欠かす事が出来ない存在であり、このポリフェノールによって重度な病気を改善したり未然に防ぐ事ができると言っても過言ではないのです。
悪玉酵素をしっかりと消滅させてくれるポリフェノールには、ワインによる摂取が質の良い吸収として評価されており、その事からもワインが好まれている理由でも有るのです。

Copyright(C) 2013 魅力あるお酒で健康的な生活 All Rights Reserved.