製造方法

製造方法によるワインの違い

昔から長らく愛されているお酒としてワインを挙げる事ができますが、その種類を明確に把握している方は多く有りません。
現在であれば居酒屋やレストランでも気軽に飲むことが出来るようになっているのですが、果たしてその違いを厳密に理解して飲んでいる人はどれくらい居るでしょうか。
製造の方法による違いによって分類する事が出来るのですが、その製造方法を把握する事によって違いを理解する事ができるのです。
ですからここでは、製造方法ごとによる違いをご紹介していきます。

まず、最も主流な製造方法と言われているのが、スティルワインと呼ばれた種類です。
これはワイン造りの基本となっていると言っても過言ではなく、後に紹介するワインを製作する基盤となっているものです。
炭酸ガスが含まれていないまま製品化されているのが特徴であり、この中にさらに赤や白ワインと言った種類が存在します。
これがワイン造りの原点となっていると言えるでしょう。

そして、この過程でブランデー等のスピリッツを加えて作っものが、フォーティファイド・ワインと呼ばれる種類です。
スピリッツが添加されている事から通常のものに比べて度数が高くなっている特徴が一般的なのです。

更にはガス圧が含まれたものも存在するのですが、それをスパークリング・ワインと言います。
主にシャンパンと言われているお酒もこの一種にあたり、その製造方法は先ほどの2つとは全く異なっています。

最後にフレーヴァード・ワインと言われた種類が挙げられるのですが、これは製造過程で果実や薬草などを加えて、他の種類では表現できない独特の味に仕上げたものです。
主に食前酒や食後酒で振舞われるのが、このフレーヴァード・ワインでは無いでしょうか。

これらの事から製造方法の違いによって種類を分類する事が出来ます。
もちろんそれぞれ異なった製造過程の元で作られているので、味に関しても全く違った印象を持つのではないでしょうか。

Copyright(C) 2013 魅力あるお酒で健康的な生活 All Rights Reserved.