製造方法

ワインの有名な産地とは

原点を遡れば何千年も前に造られ始めたお酒が存在しますが、その歴史に関係なく古今東西多くの方から愛されているお酒の一つがワインです。
日本人のみならず外国の方からも幅広く愛されているのですが、注目すべきは原材料や年代だけでは有りません。
実際にどこで産まれたものなのか、と言う事も視野に入れて考えている方も少なくはありません。そこで具体的に有名な産地とはどのような場所が挙げられるでしょうか。

主に質の良いワインを造るためには、原材料となっている葡萄の生育環境が非常に重要になってきます。
例えば年間の平均気温が最低でも10℃、高ければ20℃という気象条件の場所が好まれており、夏場では日当たりが十分にあるという条件も必要となってきます。
もちろん地域によっては原材料となっている葡萄の栽培法も異なっており、ワインの個性を出すためにはこのような栽培法の違いが関係してくるのです。

これらの事を踏まえて、有名な産地を挙げるとあれば、やはりヨーロッパの国々が多く含まれてきます。
中でもフランスは生産量が全体の約20%占める程のワイン大国であり、さらに地方によってもその個性がはっきりと分かれているのです。
更には隣国ドイツもワイン生産に重要な国であり、特に白ワインの産地としても有名なのです。
他にもイタリアでは、恵まれた気候のもと国土全域で多彩な種類が生産されるなど、ヨーロッパがワイン製造の重要なカギを握っているので、その事からも世界のワインにはヨーロッパの存在が欠かせないと言えるのです。

有名な産地とは、まずは原材料となっている葡萄を品質の良い状態で育てたり、他には無い栽培法を駆使して栽培していく事でワインに個性を出すことによって、その生産量が注目されています。
このように原材料である葡萄の生産と酒造には密接な関係があり、これらの事から葡萄の生産にも適した気象条件であるヨーロッパがワイン生産に重要な事は言うまでもないのです。

Copyright(C) 2013 魅力あるお酒で健康的な生活 All Rights Reserved.